茨木、鍼灸、鍼灸院、茨木市

関節痛

2022年04月22日 06:58

間接リュウマチ

免疫異常によって関節に炎症が起こり、痛みや腫れ、関節の変形を生じる女性に多い病気です。関節は滑液包という袋で覆われていて、その内側の滑膜という部分が関節液を分泌しています。正常な関節だと軟骨はクッション、関節液は潤滑油の役割を果たします。関節リュウマチになると、炎症が起きた滑膜は増殖し、厚くなって軟骨を覆います。そして骨や軟骨が破壊されてしまうのです。やがて痛みが全身に広がって手や足の関節が変形したり、機能障害が起きたりします。
○鍼灸治療方針:炎症の鎮静と気血のめぐりをよくするために鍼灸治療を施します。鍼灸治療でリュウマチがよくなった症例は沢山あります。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)